先にお断りしておきます

 

 

この先は

「本気で変化を求めている方」

のみ、お読みください

 

残念ですが、「本気で変化を求めてない方」には、向いておりません。
ただ「話を聞いてほしい」という方や、「誰かに何とかしてもらいたい」そんな方も合わないかと思います。

コンサルティング(ライフチューニング)は、「あなたの望むもの」をサポートさせていただく事です。
ですので、それ以上のことはできません。

何としてでも変わりたい、〇〇の為に病気をやめたい、自分の人生を生きたい、そして自分の力で結果を出したい、元気になって〇〇をしたい!

だから手を貸してほしい!

そんなあなたは、迷わず読み進めてください!

 

そんなあなたのポテンシャルを爆発させる為に、熱いサポートををいたします!!!!!

なぜ、病気や症状を終わらせるのに、
コンサルティングが有効なの?

まずはじめに、
しんしんでは、これまで自律神経の不調専門として、様々な症状をお持ちの方に、ご来院いただいております。

元気になっていく方が多くいらっしゃる中、なかなか不調をやめられない方も、少なからずいらっしゃいます。
さらに、自律神経の症状をお持ちの上、他のご病気も併発されている、もしくは長期間病気をお持ちの方もいらっしゃいます。

そんな中で、病気や症状を発生させ、継続させてしまう、パターンや背景があることがわかってきました。

それは主に、「感情の抑圧」と、その体験から発生する「思い込み・信じ込み」が強く作用していることです。

コンサルティングでは、その「思い込み・信じ込み」に光をあてることで、あなたの可能性を思い出していきます。

人は無自覚に信じている「あなたの真実」の通りに、
病気や目の前の現実を創り上げている

ここで扱う思い込み・信じ込みは、ほとんどが無意識・無自覚です。

人は、信じていることに合わせた現実を体験しています。

そしてこれらは、あなたの「現実」を強力に作り出す作用があります。それに加えて、必要とあらば、症状や病気をも発生させる力があります。

また、病気や症状は、「自己表現」の一つであり、または、何かの「目的・望みが達成されている状態」とも言えます。

つまり「思い込み・信じ込み=そうなってほしいこと」となっており、病気や症状を使い、望んだことを叶えてしまっている、そんな風にも言えます。

ということは、思い込みや信じ込みを調整することで、病気や症状を使う理由もなくなれば、違った結果(=現実)をあなたが生み出す、そんな風に思いませんか?

「背景」「思い込み・信じ込み」
「無自覚に認識している自分の
イメージ」を探る

さて次に、どのような流れでコンサルティングを行っていくのかを、お話しします。

まず、病気や辛い症状を発させている「背景」「思い込み・信じ込み(以下「思い込み」にまとめます)」「無自覚に認識している自分のイメージ(以下「セルフイメージ」とします)」等を探っていきます。

探っていくには、様々な質問をさせていただくことがあります。

中には、長い間封印していた、思い出したくないこともあるかもしれませんし、認めたくない自分が出てくるかもしれません。

さらには様々な「抑圧してきた感情」や「表現を諦めたもの」等があるかもしれません。

ですが、答えは、あなただけが知っていますし、あなたを癒せるのはあなただけです。
そこを丁寧に探っていくことで、病気を発せさせる、根っこを洗い出していきます。

自分自身を許していきながら、
より「本来の私」にアップデートさせていく

次に、「思い込み」「セルフイメージ」を、何のために、どんなメリットを得るために、使っていたのか分析します。また、それにどんな解釈をつけていたのかを、考えていきます。

そして、その分析により、違う角度からそれらの出来事を見ることができるようになることで、そこに張り付いていた「解釈」が大きく変わるかもしれません。

どんなものにも、メリットデメリットの両面、両極が存在します。
その両面が存在するからこそ、片方の解釈が際立ちます。

例えば、悪があるから善という解釈が生まれます。
例えば、悲しみがあるから、より喜びを感じることもあるでしょう。

そんな風に、「あーこの辛かったことは、実はこんな風に見ることもできたんだなぁ。。」と気づきを得られると、しめたものです。

そうすることで、あなた自身を「許し」ていきながら、あなたが望む「私」を、日々の中で構築していきます。
つまり、あなたがあなた自身を「アップデート」させていきます。

そして、その過程で、あなたは病気という表現を、必要としなくなっていく、という体験をするかもしれません。

人は人生を通じて、自分の「信じ込み」が正しいことを
「証明し続ける」

私たちは、「私とはこういう人」「〇〇とはこういうもの」という、様々な種類の「思い込み・信じ込み」を持っています。

こちらの図を参考にしてみてください。

「セルフイメージ」とは無意識に思い込んでいる自己像です。
私たちは、このセルフイメージ通りに、他者や世界から「自分を扱わせる」ことをします。

それと、「観念フィルター(思い込み・信じ込みという名の色眼鏡)」を通して世界を見ていてそれ以外のことには関知しようとしません

例えば、「私は弱い人」というセルフイメージがあったとします。
加えて、「他人は冷たい」という観念フィルターがあったとします。

そして例えば、誰かに嫌なことを言われたとします。
その時言いたいことを言い返せずに、悶々としたとします。

そうすると「ほーら、今回も言えなかった。。やっぱり私は弱いんだ。。」と確認します。
そして、そんな風に扱ってくる「他人は冷たい」という認識が強固になります。

そのような認識から、似たような出来事ばかり引き起こし、信じ込みがあなたの揺るぎない真実となっていくことになります。

そんな風にして、私たちは、信じ込みが正しいことを証明し続けます

あなたは無限の可能性にあふれた存在。
だから自由に選択をしている

こんな風にも考えることもできます。

あなたは自身は、なんでも情報を書き込めることのできる、無限に広がる真っっっ白な「スペース」、だと思ってみてください。

「本来の私=無限に広がる真っ白な「スペース」」
だとしたら
「思い込み=感情のインクで「スペース」に書かれた文字情報」

とも表現できます。

つまり、
本来の「私」は「無限に広がる可能性を秘めた存在」にもかかわらず、
そこに書き込まれた「情報」自体を、「私」だったり「真実」だと強固に思い込むことにより、いろんな現実を発生させています。

それが、あなたにとって、有益であるのであれば、それを存分に活かしていきたいところですが、そうでない場合が、「うまくいかない現実」だったり「病気」を引き起こしたりするわけです。

そして、私たちは、自分で自ら書き込んだ「情報」を、「自由に選択している」に過ぎません。

であれば、
この書き込まれたものを、自分にとって有益なものに、自由に書き換える、自由に選択しなおしてあげたらどうでしょう?

より現実が変わってくる、または、生きるのがラクになる、もしかすると、意外と簡単に変えられるんじゃない?
そんな風に思えるかもしれません。

コンサルティングはあなたが主体!
あなたが考え、あなたが動きます

コンサルティングでは、サポート・ナビゲートはできても、結果を導き出すのはあくまでも、主役であるあなたです。

こちらも何かしらのアドバイスはさせていただくこともありますが、答えはあなたの中にちゃんと眠っています

繰り返しになりますが、
何としてでも変わりたい、〇〇の為に病気をやめたい、自分の人生を生きたい、そして自分の力で結果を出したい、だから手を貸してほしい!

その思いさえあれば、必ず望むあなたを実現できます。

病気や辛い症状を継続させてしまう
「脳・言語」の使い方

そして大切なのは「言葉」です。

身体の症状は、言葉で認識できていない(=浄化できてない)思いや感情だったりします。
そこに言葉=名称がついた時、
「あぁ、私は寂しかったんだな」とか「〇〇だと思っていたんだな」
初めて認識できるようになります。

つまり、言葉にしてあげることで、癒しが起こります。

また、そのように癒しが起こる言葉もあれば、一方で、身体に苦痛をもたらし続ける言葉もあります。

特に無意識になんとなーく使っている便利な言葉には、注意が必要です。
その言葉の裏にも、「こうあるべき、こうあってはならない」といった、信じ込みが隠れていたりしますし、そこには、身体に緊張をもたらす、言葉のパターンというものがあります。

役に立たない言葉を使い続けることで、あなたにとって不利益な状況を継続させてしまいます。

その逆に、新しい自分にアップデートしていく時、新しい自分、望ましい自分を言語化し、インストールしながら日常に落とし込んでいきます

 

さて
あなたは、あなた自身と向き合い、望む自分を創造していく人ですか?

それとも、

今のままの自分で、辛いまま過ごしていく人ですか?

それは、どちらもあなたの自由です。

そして、それを決めるのも、「今」なのかもしれません。

「私」を取り戻し、自分自身の可能性を爆発させてみたくありませんか?