慢性的な頭痛・原因不明の頭痛でお悩みの方へ

「何年も頭痛薬を手放せない」

「病院で検査を受けても原因がわからない」

「頭が締め付けられるようで怖くなる」

「めまいや耳鳴りも併発している」

「首から頭にかけて痛みがある」

頭痛で何年もお悩みの方は、大変多いと思います。

当院へご相談に来られる方でも、主訴以外にも頭痛があったりなど、慢性的な頭痛を抱え、悩まれている方はたくさんいらっしゃいます。

画像の説明

頭痛にも、突発性の頭痛から、緊張型といわれる頭痛、風邪による頭痛など、たくさん種類があります。

なかには、酷い頭痛が継続的に起こり、お悩みの方もいらっしゃるかと思います。

その場合、何かしらの重い病気が隠れている可能性もあります。まず最初に医療機関にて、何らかの検査をすることをおすすめいたします


ですが、内科から始まり、脳神経外科、耳鼻科、整形外科など、病院での検査を転々としても、全く異常が見つからず、「どうしていいかわからない」という方もとても多いと感じます。

そんな方は、是非、当院にご相談いただければと思います。




頭痛が改善したお客さまの声

まずは、当院で頭痛が改善された方の感想をご紹介いたします。


片頭痛、肩・首のこり、眼精疲労など(40代女性)

画像の説明

〈ごっちんさん/40代女性/会社員〉

▶どのようなことでお悩みでしたか?
片頭痛、肩・首のこり、眼精疲労、中学生の頃に自律神経失調症
…続きを読む

▲ページのトップへ

頭痛(30代男性)

〈H.Hさん/30代男性/会社員〉

▶どのようなことでお悩みでしたか?
人生初めての酷い頭痛で、脳神経外科と整形外科に通院するも改善しなかった。
…続きを読む

▲ページのトップへ

頭痛、肩こり、冷え性(20代男性)

画像の説明

〈T.Tさん/20代男性/公務員〉

「何回か受けた後、そう言えば良くなていることに気付くと思います。」
…続きを読む

▲ページのトップへ


慢性的、原因不明の頭痛の原因は何か


首まわりの筋肉の疲労や緊張が主な原因

冒頭にも述べましたが、あまりに重い頭痛が続くようでしたら、まずは病院にて検査を受けることをおすすめいたします。

画像の説明

そのうえで、何の異常もわからず「原因不明」となった場合には

首まわりの筋肉の疲労や緊張

が主な原因だと考えられます。


首はとても重要で繊細な部分です。

頭(脳)と身体をつなぎ、また脳から全身に命令を下す神経が通り、太い血管も通っています
そして最も重要なのが、脊髄から頭部を流れる体液(脳脊髄液)の循環の悪さだと考えられます。
この脳脊髄液の循環が悪くなり、頭部に滞りが起こる事で頭痛をはじめ、様々な疾患が起こる事が考えられます。

この重要な首が、周りの筋肉の緊張により、神経や血管を圧迫、また骨格を歪めることにより、頭痛をはじめとする様々な症状が出てくると考えられています。


▲ページのトップへ



とっても重たい頭を支える健気な「首」

では、
首の筋肉が緊張(疲労)する、「理由」は何なのでしょうか。


それは、「重い頭」を、首が無理をきかせて支えてくれている為です。


実は頭は非常に重たいのです。どれくらいの重さかご存知でしょうか。

画像の説明

女性で約4〜5kg、男性で5〜6kgあるそうです。
これは実に
2リットルのペットボトル2〜3本分に相当します。

どれくらい重いのかは、ぜひ袋に入れてご自分で持ってみてください

こんな重量のあるものを、首ひとつで支えている、ということを実感いただけると思います。


▲ページのトップへ



頭が前に出た状態がクセになってしまう

さてこの首、本来ですと、良い姿勢であれば何の問題もありません。

頭を背骨の上にストンと載せてあげて真下から支えるようにしてあげればいいのです。

画像の説明

ですが、我々現代人はどうしても前屈みになり、首が前に出がちになってしまいます。



長い時間のデスクワークや手作業をしたり、スマホを使ったり、また、読書や家事で上手に身体を使えず、頭を前に出した姿勢をとってしまうことが、とても多いためだと考えられます。

また楽だと思ってとっている姿勢も、実は身体にかなりの負担をかけている場合がとても多いのです。


頭を前に出すと、首ひとつで重たい頭を支えなければなりません。

長時間この状態を続けることで、この状態をクセとして記憶してしまいます。
そして首から肩まわりにかけて、疲労や緊張し続けてしまうことになります。

そうなると、なかなか自分で緊張を弛めるのが、難しくなってきてしまいます。

この状態で、頭を背骨の上にストンと乗せる姿勢をとろうとしても、とても辛く感じる方が非常に多いです。

そして、首を通る神経や血管等を圧迫、さらには脳脊髄液の循環の滞りが起こり、頭痛が慢性化してしまいます。



▲ページのトップへ



対症療法と根本療法


お薬は症状を“治してくれない”:対症療法

まだまだ多くの方に誤解があるのかもしれませんので、念のためお薬について述べておきたいと思います。

お薬というものは、症状を一時的に“抑える”役割としては、絶大な効果を発揮すると思います。

画像の説明

ですが、決して“治してくれる”ものではありません。


薬を飲んで治ったよ、と思われることもあるかもしれませんが、それは症状を抑えている間に、身体が治癒に導いてくれているだけのことなんです。

また、お薬はなんらかの副作用もあり、多くの薬は''交感神経を刺激してしまい、元々持っている自然治癒力の発動を阻害''してしまうことになります。

良識あるお医者さんや薬剤師さんも、頭痛に限らず、お薬の常用は避けたほうがよいとのご意見もあります。

お薬を常用されている方は、ご自分がいったいどんなものを日々摂取しているのか、是非お調べになっていただくとことを、オススメしたいと思います。


▲ページのトップへ



筋肉を弛め、正しいクセを身につける:根本療法

では、どのようにして頭痛を根本的に改善していくのか、
当院では、

  • 全身及び首まわり、頭蓋の筋肉を弛める
  • 全身のバランス、体液の循環を整える
  • 正しいクセを身につけていく

このような流れで、頭痛を根本的に改善していくよう、お手伝いをいたします。

全身のバランスを整えることも、首の筋肉を弛めることも、無理なことを決していたしません


当院の無痛自然療法による、無理のない自然に即したやさしい施術で、あなたの身体の芯から、筋肉が弛んでいくようなアプローチをしていきます。

また、施術を重ね、筋肉が自然な状態に戻ることにより、骨格が正常な位置に戻っていきます。
それを維持して、再発をしないようにするのが根本治癒です。


再発させない為には、施術と平行して、

原因である、普段の姿勢や生活習慣の改善に取り組む

ということが大切です。

画像の説明

この原因を取り除かずして、根本解決には至りません

ですので、当院では、取り組みを効果的にしていただけるよう、普段の生活のお話を伺い、頭痛改善のためのアドバイスをさせていただきます。

慢性化しているからと諦めないで欲しいと思います。
必ず改善の希望はありますので、二人三脚でがんばりましょう!



▲ページのトップへ


auto-YmVG3B.png

auto-gnrNpZ.png

お電話の場合はコチラへ☟

070-5334-5727

「ホームページを見て」とお電話ください^^

施術中は出られない場合がございます。留守電になりましたら「ホームページを見ました○○(お名前)です」とだけメッセージをお残しください。後ほどこちらから折り返しいたします!



▲ページのトップへ